前へ
次へ

焼き鳥の和食店で働く時に便利なテクニック

和食料理は日本で長年親しまれていますが、焼き鳥はお酒のおつまみとしてや食事としても大衆に人気がある和食料理の一つです。
焼き鳥店で働く時にキッチンスタッフをやる場合は、串に鶏肉を刺す作業から、焼きの作業までをこなす必要性がでてきます。
鶏肉の部位によって焼き時間が多少変動するので、しっかりと鶏肉の部位を見分ける知識が必要になりますし、焼く時に両面を程よく焼く為に串を回転させるテクニックが求められます。
人気店ですと一日で数多くの作業をこなす必要があるので、手首が強い人の方が、仕事が長続きしやすいです。
また夏場に限らず、焼く場所は非常に暑くなるので、暑さに耐性がある事も重要な力になってきます。
焼き鳥店は和食店の中でも活気に満ち溢れたお店の方が喜ばれますから、ホールスタッフはお客さんに元気に挨拶する必要があります。
ただ和食店としてお水やお茶を出す時は、礼儀作法をしっかりとわきまえて提供する必要があるので、元気と礼儀の両方を兼ね揃える事が大切です。

Page Top